mshinjo

Home/mshinjo

About mshinjo

This author has not yet filled in any details.
So far mshinjo has created 20 blog entries.

「僕のヒーローアカデミア」は面白い

2021-05-10T01:32:19+09:002021年05月10日|武蔵新城|

こんばんは。 武蔵新城スクールの鈴木です。 子どもたちから聞いたりしたアニメを1日30分程度は見るのですが、「僕のヒーローアカデミア」は面白いです。 「呪術廻戦」や「怪物事変」も見ましたが、世代の関係もあるのか、面白いけど、面白くないというか。 人の命を簡単に消すところなどで好きになれないところはあります。 「呪術廻戦」などでも、もともとは人なのに、それが化物にされてしまい、それを主人公が倒せるかどうかなど、鬼滅の刃にしても似たようなシーンがあったりします。 なんでしょうね。 もともと、男の子たちは残酷な面を持っている子も多かったりします。 私も小学生の頃、周りの男の子たちが虫を殺したりしているのを見て、私はそれが嫌で、虫を必死にあちこちに隠していました。 他の男の子たちに見つかって殺されることがないようにですね。 [...]

夢はかなう。寿命が尽きるまで続けるならば。

2021-04-28T23:42:10+09:002021年04月28日|武蔵新城|

こんばんは。 武蔵新城の鈴木です。 私が信じていることの一つに、「夢はかなう」ということです。 きっと、殆どの人が信じていないことだと思います。 殆どの夢がかなわないのは、時間軸を短くとりすぎているからです。 50年、100年というスパンでみたらどうでしょうか。 もしかすると、死ぬときに、「あれ、かなっていたのかな」と気づけたらそれも幸せかもしれません。 決してあきらめない。 寿命が尽きるまであきらめない。 その先にかなわない夢はない、私は信じています。 [...]

クリエイターもエンジニアも

2021-04-18T00:35:46+09:002021年04月18日|武蔵新城|

こんばんは。 武蔵新城スクールの鈴木です。 これから、たくさんのクリエイターが生まれてくると感じます。 クリエイターというのは、今までになかったものや、今までにあるものなどを組み合わせて新しいものを作る人と思っています。 10年前までは、子供たちの触れることのできる物語といえば、テレビから流れるドラマ、アニメ。それと漫画や本による物語が中心でした。 ところが、今はテレビではなく、サブスクリプションによる大量の動画を見ることができる時代です。 テレビで皆が同じものを見ている時代ではありません。 つまり、子供たちによって、見たいコンテンツを自分で選んでみることができるようになりました。 自分の知りたいことをより手軽に、深く知ることができるということです。 そうなると、ある分野においては、大人よりもよほど詳しい子供たちも多く出てきます。 [...]

アトム ザ・ビギニング

2021-04-03T00:59:48+09:002021年04月03日|ブログ, 武蔵新城|

こんばんは。 武蔵新城スクールの鈴木です。 相変わらず、殆ど全ての中3が高校になっても続けてくれるという状況です。 世の中の個別指導塾的にはそういうことはあまりないそうです。 小学生高学年か中学で入塾して、高3で卒業する塾というコンセプトです。 なぜそうなるかといえば、高校の先の進路まで見据えた指導をすることを心掛けているというところがあるからです。 本題からそれましたが、最近見ているアニメで、「アトム ザ・ビギニング」というものがあります。 アニメの絵柄が、なんか、鉄腕アトムっぽいなぁ、とは思っていたのですが、手塚治虫さんが関わっていることになっているのですね。 当然、亡くなった方ですので、どのあたりを原作としているのかはわかりませんが。 正直、いいアニメだなと思います。 [...]

今年の受験結果

2021-03-09T00:55:18+09:002021年03月09日|武蔵新城|

こんばんは。 武蔵新城スクールの鈴木です。 今年の中3、高3の進学実績をご報告いたします。 中3は、例年よりも私立を第一志望にされる方が多かったです。 進学実績ですので、公立が第一志望の方の併願先の合格は載せておりません。 人数を書いていないところは全て一人です。 中3 <公立高校> 川崎北高校 住吉高校 [...]

楽しいことをしたいなら、楽をしちゃだめだよ

2021-02-01T16:33:28+09:002021年02月01日|武蔵新城|

“楽しい”と“楽”は違うよ “楽しい”と“楽”は対極だよ 楽しいことがしたいんだったら 楽はしちゃダメだと思うよ これは、90年代のロックバンド、「THE BLUE HEARTS」の甲本ヒロトさんの言葉です。 子供たちにしても、大人にしても良いのですが、誰だって楽しく生きたいと思っていると思います。 だったら、登らなければならないもの、つかまなければならないものがあります。 それが何なのかは、人によって異なります。 今、本屋に行っても、映画を見ても、「やりたいことをやれ」の大合唱です。 「やりたいことをやれ」 [...]

入試で気を付ける2つの点

2021-01-16T21:36:54+09:002021年01月16日|武蔵新城|

こんばんは。 武蔵新城スクールの鈴木です。 高校3年生は全員、指定校推薦とAO入試にて合格が決まりました。 次はいよいよ中学生です。 中学生は入試と定期試験があと1か月に迫ってきました。 入試と、定期試験はだいぶ違いがあることに中3はさすがに気づいていると思います。 今日は2つ入試(や模試)で気を付けることをお伝えします。 1.時間配分 定期試験はあまり気にしなくてもなんとかなりますが、入試や模試で考えなければならないのは、時間配分です。 力の割に、模試の点数が低い子をみると、どうも時間配分がまずく、バタバタ解いてしまっている子をみかけます。 [...]

「いわかける!」と「SAO」

2021-04-03T01:02:58+09:002020年11月04日|武蔵新城|

こんばんは。 武蔵新城スクールの鈴木です。 来週から西中原中、橘中、宮内中、東高津中、高津中の中3(西中は、中1,2もですが)が定期試験になります。 そんなわけで祝日の今日も教室を開いていましたが、皆、頑張っていました。 いきなり話が変わるのですが、 以前、ある生徒さんから「いわかける!」というアニメが面白いと聞き、観てみました。 この「いわかける!」というのはスポーツクライミングという岩場を登っていくスポーツのアニメです。 最近のアニメの多くは、「SAO(ソードアートオンライン)」などのように、最初から主人公が最強で進んでいくというパターンです。 その方が子供うけ、というより時代に受けるのだと思います。 確かに「いわかける!」の主人公もある意味そういう面もあります。 [...]

算数の「割合」が苦手な子は多いけど、使えないとさくしゅされる側になる

2020-10-15T01:44:57+09:002020年09月28日|武蔵新城|

武蔵新城スクールの鈴木です。 小学生、中学生でも算数の「割合」が苦手な子は多いです。 ただ、この「割合」が使えないと、社会に出たときに、搾取(さくしゅ)される側に回ってしまいます。 金利、年利、利息、利益率・・全部、「割合」です。 これがわかっていないから、よくわからずにクレジットカードのリボ払いなどを使ってしまう人がいるのだと思います。 複雑にしているのは、あれはわざとですから。 一見、買い物をしてもお金が出ていかないような気持ちにさせる仕組みです。 目先しか見てない人をターゲットにしてお金を搾取する仕組みです。 ローンなどもそうです。お金に余裕がないのに、なぜ、余分に支払うローンを組むのか。 家などであれば仕方のないところもあるかと思います。 [...]

高校選びはどうしたら良いのか(公立について)

2020-09-04T18:52:54+09:002020年09月04日|武蔵新城|

こんにちは。 鈴木です。 中学生ですと、高校を選ぶときにどうやって選んだら良いか迷うことがあると思います。 どうやって選ぶか、ですが、それは、高校の先をどうするかによって決まってきます。 公立高校の選び方はそれほど難しくはないと思います。 なぜなら、ある程度内申点で決まってきますので、選んだとしても、2つどちらにするか、くらいではないでしょうか。 もちろん、特色のある公立高校を選ぶ場合は、そもそも選択肢がない場合もあると思います。 ただ、大学進学を考える場合は少し考える必要があります。 なるべく難しい学校に入った方が良いというのがイメージ的にあるかもしれませんが、 その選び方をすると、高校の内申点がとりにくくなります。 [...]